‐ ITSパッケージ ‐

Summary Execute

診療記録管理システム

Summary Execute

医療改定に伴いデータ提出加算の枠が広がり、それに伴い「診療録管理体制加算」の施設基準を満たす必要があります。その施設基準を満たすのに必要な機能だけを抜粋し、事務作業の軽減を目的としたシステム開発を行い、院内業務の効率化をサポートいたします。

サマリ入力機能

■病名のコード化
ICD-10でコーディングして管理いたします。

■手術・処置のコード化
ICD-9CMでコーディングして管理いたします。

■検索機能
データベース化した退院時サマリの検索が可能です。現病歴や入院時経過などの文字情報の単語も検索可能です。

各種統計資料

「診療録管理体制加算」申請時に必要な統計資料が作成可能となっております。

本システムの統計は、集計単位を自由に設定できます。

また、疾病や手術・処置による患者数・年齢平均・在院日数平均の統計も可能です。
出力した結果はExcel形式で出力されますので病院様独自で2次利用が容易に行えます。

医事会計システム連携

富士通製医事会計システム(HOPE/SX-J、R)と連携が可能です。

■連携可能項目
・患者番号  ・生年月日  ・氏名  ・性別  ・カナ氏名  ・入退院日

システム体系

■診療録管理システム(基本)
■アリバイ管理オプション
■診療録管理システム導入支援費用
■アリバイ管理オプション導入支援費用

動作環境

OS
WindowsVista Business/
7Pro (32bit/64bit)/8.1Pro(64bit)
Windows Server2003R2/2008R2
ブラウザ
IE9, 10(*1),11(*1)
*1 互換モードでの動作保障
CPU
インテルRCore2Duo(2GHz以上)
メモリ
4GB推奨
Hdd
320GB以上推奨
ドライブ
CD-ROMまたはDVD-RAM
ソフトウェア
Microsoft Excel 2007以降

■院内ライセンスフリー(同一医療機関内)
使用される端末の数に制限はございません。
同一ネットワークに接続されていればご使用できます。

・記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

・その他、本ページに記載されている名称には必ずしも商標表示をしていません。

資料請求・お問い合わせフォーム
上へ